学校生活の様子

校歌 ※クリックで再生
全国合唱コンクール5年連続全国大会出場の本校合唱部による校歌をぜひ、お聞きください

学校紹介スライドショー
 

学校案内

 

 

携帯用QRコード


 

COUNTER

1555881
since 14.sep.2011

野球部


チームのモットー

「フルスイング」「キャッチボール」 

少ない人数の中、伸び伸びとした野球で、全員が公式戦勝利を目指して取り組んでいます!

中学時代野球未経験者も大活躍中!

見学等のご希望・ご質問はお気軽に「野球部 矢嶋」までお問い合わせください。

野球部公式ツイッター始めました!
松伏高校野球部 もしくは @matsubushi_bbc
で検索ください!
                                      監督 矢嶋

 

日誌

野球部日誌
12345
2019/03/28

練習試合 叡明高校

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047

3月28日(木)越谷総合高校Gにて、叡明高校と練習試合を行いました。
相手はBチームとのことでしたが、体も大きく迫力もあり、圧倒されながら試合は始まりました。

しかし試合が始まると、投手陣がストライク先行の好投を見せ、リズムよく試合が進みます!
その結果、ダブルプレーを3回決めるなど、大きなミスなく守ることができました!
特に石田(新2年)のライト守備は安心して見れるようになりました。
高校から始めた野球ですが、誰よりも貪欲に努力してきた結果が実を結びつつあり嬉しく思います。
しかし本人はまだまだ満足していないようなので、さらに成長してくれることでしょう。

攻撃では稲木(新3年)の右前安打を皮切りにビッグイニングを作る等、計8点を挙げ、
8-1で勝利することができました!!

着々と声も出るようになり、連合ですがチームらしくなってきたなと感じます。
11人と決して多くはない人数ですが、一人一人が自覚と責任感を持ち、全員野球で県大会を目指したいと思います!

監督 矢嶋

16:12
2019/03/26

練習試合 不動岡高校

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
3月25日(月)本校グラウンドにて、不動岡高校(新2年生のみ)と練習試合を行いました。

会場設営の時点で準備不足が目立ち、顧問からの檄が飛びましたが、
試合が始まると集中力を見せてくれました。


序盤はともにチャンスを作ることができない展開でしたが、

4回に相手のミスでチャンスを作るとタイムリーヒットが飛び出し2点を先制します!
しかし、その後は追加点を奪えずに2-2の同点にされて9回を終えました。

延長戦は、無死1,2塁から始まるタイブレーク方式を採用しました。
不慣れなこともあり、押し出しや安打で4点を奪われます。
攻撃では2点を奪い返すも万事休す。
6-4で敗れてしまいました。

接戦の中、追いかけられる立場で試合を行えたのは非常に貴重な経験でした。
逆転負けという悔しい気持ちをチーム全体で共有し、大会に生かしたいと思います。

特に稲木は8~10回まで登板し、
制球・テンポの向上等良くなった部分もあったものの、
打たれて敗戦投手となる苦い経験も味わいました。
良くも悪くも「経験」する機会を多くいただいていることは、
部員数が多い学校ではなかなかありません!
このありがたみを感じ、さらなる成長に結び付けてほしいです!
←稲木(新3年)

←髙平(新3年)

監督 矢嶋


12:24
2019/03/22

春休みの練習試合予定

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
春休みに予定している、練習試合について掲載いたします。

3月
 24日(日)越谷南高校@越谷南高校G(14:00~予定)
 25日(月)不動岡高校@松伏高校G(10:00~予定)
 28日(木)叡明高校@叡明高校G(10:00~予定)
 30日(土)星野高校@松伏高校G(10:00~2試合予定)
 
4月
  2日(火)白岡高校@越谷総合技術G(10:00~予定)
  5日(金)蕨高校@岩槻川通り球場(10:00~予定)
  6日(土)三郷工業技術高校@松伏高校G(10:00~予定)
  7日(日)都立東高校@三郷高校G(10:00~予定)

保護者・OBの方はもちろん、新入生の方や松伏高校野球部に興味をお持ちの方は、お気軽に足をお運びいただければと思います。

また、練習
見学等のご希望・ご質問はお気軽に
0480-992-0121 「 野球部 矢嶋 」
までお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

監督 矢嶋

10:08
2019/03/22

練習試合 越谷東

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
3月21日(木)越谷総合技術高校グラウンドにて、
越谷東高校と練習試合を行いました。

本日は越谷総合技術高校との2校連合で臨むことになりましたが、
人数不足のため、先日卒業した夏目が参加しました。



練習試合解禁となり、2度目の練習試合でした。
序盤、石田(新2年)のライト前安打を皮切りに、チャンスを作り、3点を先制します!

↓石田(新2年)




その後は追加点が取れず、反撃に合います。
複数回ピンチを迎えましたが、雰囲気を落とすことがなく試合を進め、
8回を終えて3-3の同点で終えることができました。
特にセカンド髙平(新3年)が率先して、
周りを鼓舞する声掛けをしている姿
が印象的でした。
大きな成長を感じることができました。

そして最終回の攻撃、チャンスで髙平がフルカウントまで粘り、センターオーバーの適時二塁打!!
勝ち越し点を守り切りゲームセット。
5ー3で勝利することができました!
接線の中、崩ることなく勝つことができたことは大きな収穫です!

↓髙平(新3年)



また、収穫は勝つことだけでなく、多くのミスが出たことです。
特に、普段練習することができない実践の中での走塁。
牽制死を複数回してしまう等、慣れないミスが目立ちました。
ミスを咎めて終えるのではなく、このミスをどうすれば次に生かせるのか、
振り返り、改善していくことを大切に、今後の練習に取り組みたいと思います!

今後も多くの練習試合を予定しているので、毎試合成長し続けられるように頑張ります。

監督 矢嶋

08:09
2019/03/19

引退試合

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
3月16日、越谷総合技術高校に計6校の野球部員が勢ぞろい!!
越谷総合技術高校
三郷高校
三郷工業高校
吉川美南高校
幸手桜高校
松伏高校

が今年度の卒業生を招き、引退試合を開催しました!!

この6校は、3年間で連合チームを組ませていただいた高校であり、
選手たちはチームメイトのように仲がいいです。
久々に集まりましたが、卒業生は皆たくましくなっていました。

午前中は現役ー卒業生の試合を行いました。
途中までは大差で現役組が勝っていましたが、
後半に卒業生組が怒涛の追い上げ!
9回表になり、ついに追いつき、勝ち越します!
しかし、最後は現役組が粘りを見せ、
稲木(新3年)がサヨナラのホームを踏みゲームセット!
13-12で現役組が勝利をしました。

(卒業生集合準備

←3盗を決める夏目(卒業生)
←好投した鈴木(卒業生)
←サヨナラのホームを踏んだ稲木(新3年)

午後は勝利した現役組と、顧問&卒業生の連合チームが試合を行いました。
初回、全力プレーを欠かさない顧問団による連打で7点を先制!
そのまま逃げ切り14-4で顧問&卒業生組が勝利しました!
←髙平(新3年)
←石田(新2年)
←監督も出場!


卒業生が最後まで野球を楽しみ、お互いに声をかけ続けていた姿が印象的でした。
最後に記念写真を撮り終了!

←松伏高卒業生!
←6校連合卒業生!
←松伏高校3学年!

これから卒業生は、それぞれ違う道に進みます。
野球で培った力を最大限に発揮して、社会に必要とされる人財となって輝き続けてほしいと思います!

3年間ご苦労様。
そして、ありがとう。


監督 矢嶋

07:52
2019/01/04

2019年始動!

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
1月4日、練習が始動しました。
年始の目標設定!
…ということで、マンダラートシートというものを記入してもらいました。
(顧問が写真を撮り忘れたため、画像はありません。申し訳ありません。)

マンダラートシートは、高校時代に大谷翔平選手が行ったことで有名です。
目標達成に必要な項目を細分化して考えることができるのが特徴です。

中心の1マスは全員統一で
「Growing~成長し続ける~」
にしました。
チームとして、また個人として、1年間成長し続けてほしいからです。
簡単には全てのマスを埋めることはできず、全員が頭を悩ましていました。

成長したい1つの項目に対して、どこまで細分化して考えることができるか、野球が上達するための要素に非常に近いと感じます。
また、自分が書いた言葉に責任を持ち、達成しようとする「行動力」を磨いてほしいと思います。


その後の練習では、実際にシートに記入していた内容のプレーを取り入れる様子が見れました。
三日坊主になることなく、継続することが力になります。
できることにコツコツと取り組み、成長し続ける集団を目指して頑張ります!
今年も応援、よろしくお願いいたします!

(↓画像はアップ中の写真です!)




監督 矢嶋

17:24
2018/12/26

大掃除

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
12月26日、今年最後の練習は大掃除兼グラウンド整備でした。
普段伸び伸びとプレーができるこの環境に感謝しながら、一つ一つの行程を丁寧に行いました。


現在選手3名、マネージャー1名の計4名で活動しているため、大掃除とはいえども一人当たりの負担は大きいです。
少しでも効率を良くしようと、声をかけ役割を分担することで、複数の仕事を同時にこなすことができました。




顧問が妥協を許さなかったため(笑)、土入れも相当な量を入れましたが、見事綺麗に!!(気持ちが良いですね!)


最後に塩化カルシウムを撒いて終了です!
これで、来年も心置きなく野球ができます!


人数が少なくとも、全員が野球を楽しんで活動できることが本校野球部の売りです。
2019年も野球を誰よりも楽しみ、成長し続けることができる集団となれるよう頑張ります。
今年も応援していただいた方々、ありがとうございました。
2019年も引き続きよろしくお願いいたします。


監督 矢嶋

17:09
2018/12/25

投球動作研究会研究集会2018参加

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
久々の更新になります。
12月23日(日)都内の連合会館で行われた、投球動作研究会が主催する研究集会に選手3人と顧問1人が参加しました。
全国の医療従事者・指導者・選手が一堂に集まり、投球について議論するという内容です。(約120人が参加されたとのことです!)

参加した目的は複数あります。
・知識を増やすことにより、自分のパフォーマンス向上を目指す。
・他者の考えに触れる。

・様々な年齢層の方々と触れ合う。

・緊張する中で、積極性を持つ。

・最後まで聞こうと頑張る気持ちを見せる。

顧問として、多くの野球関係者が集まる中で、一歩踏み出す勇気を期待して臨みました。

今年のテーマは「下半身から捉える投球動作」。
現場でよく聞く「下半身を使う」というワードは、実際にどのような部分を指しているのか、様々な立場の方の意見を聞くことができました。
普段の授業よりも長い時間話を聞くため、途中集中が切れそうになることがありましたが、最後までメモを取ろうとする姿が印象的でした。

また、最後に行われた前田健さん(元阪神タイガーストレーニングコーチ、現BCSベースボールパフォーマンス代表取締役)による実技指導では、稲木(2年)が自ら手を挙げ、登壇して全員の前でご指導いただくことになりました!
緊張もあり、その場では思うように動作を改善することができませんでしたが、勇気をもって一歩前に出た行為は素晴らしかったです。
(↓実際の指導の様子です!)




集会が終了した後も、前田さんのご厚意により、追加で指導をしていただきました。
稲木の目が輝いていたのは言うまでもありません。
これを機に大きく成長してくれることを願っています。


翌日からの練習でも、稲木を中心に教わったドリルを反復しています。
上手くなろうとする姿勢が選手たちから出てくることはチームをより大きいものにするはずです。
この調子で、常に一歩踏み出すことを恐れず、オフシーズン中に成長し続けたいと思います。






監督 矢嶋

16:06
2018/11/07

越谷市内大会 写真集

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
今大会中、マネージャーの小林や、応援に来てくれた生徒が多くの写真を撮ってくれました。
その一部を掲載いたします。


  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 
14:30
2018/11/07

越谷市内大会 対越谷南高校

Tweet ThisSend to Facebook | by mt047
11月4日(日)越谷市民球場にて、越谷市内大会の敗者戦を行いました。
相手は越谷南高校です。

試合前、人数ギリギリの本校がノックを始めると、
越谷南高校の選手たちがファールゾーンへ飛び出していきます。
なんと、ボール出し等のノック補助を引き受けてくれるとのことです。
野球を通してつながることができる喜びとともに、
感謝の気持ちがこみ上げてきました。
この場をお借りして感謝申し上げます。


試合では公式戦初登板の高平(2年)がマウンドへ。
稲木(2年)がキャッチャー
を務めました。
石田(1年)は試合初となる内野、サードにつきます!

経験不足もあり、入れに行ったボールを捉えられ、3回を終えて8対0となります。
打っては1番夏目(3年)が大当たり。ツーベースを含む2安打の活躍に、2番高平の2四球で複数回チャンスを作ります。
しかし、3番の鈴木(3年)が再三快音を響かすも、センターに好捕され点を取ることができませんでした。
鈴木はやるべきことをきちんとこなしてくれました。結果は結果です。
1年かけて磨いてきた得点パターンを、今大会でも作ってくれたことを前向きに捉えたいと思います。

その後の守備は4回高平、5回稲木が0点に抑える好投を見せてくれましたが、
6回に失点を許し、11対0のコールド負けとなってしまいました。

今大会に至るまでに、経験を積ませることができていないことは、顧問の力不足です。
選手たちは最後まで諦めることなく、頑張ってくれたと思います。
そして印象的だったのが、試合が終わるまで、全員が野球を楽しんでくれたことです。
部員が慣れないポジションについて、できることを精一杯やり、成功したときの達成感。
助っ人の選手たちがわずかな練習時間を活用して必死に努力し、アウトをとったりヒットを打ったりしたときの感動。
多くの成長を感じることができる大会でした。

もちろん部員・顧問は悔しさも感じており、今後の冬を必死に乗り越えようと決意をしました。
毎年気づくとあっという間に過ぎる冬です。
一日一日、一球一球を大切にしながら練習に励みたいと思います!

今後も応援よろしくお願いいたします。

←チーム3年生!

監督 矢嶋

10:15
12345